top of page
  • 執筆者の写真北 勝成

65歳迫力あるドライバーショット目指す理由

ゴルフインストラクターの先輩が以前、「最近、迫力のあるボールが年齢とともに打てなくなってレッスン生がどんどん減ってきて、そろそろやめようと思っている」と言われていました。

その方は当時62歳でした。 


年齢が60歳を超え、迫力のあるスイングで迫力のあるボールを打つには、ひとつには柔軟性が必要です。可動域が狭いと回転や捻転ができません。


膝や腰に痛みがあると思い切ってスイングができません。日頃のとレーニンがかかせません。自分も65歳ですが、柔軟体操や簡単筋トレを行っています。


ゴルフのためだけではなく、身体の若さを保つのは柔軟性と腹筋だと思っています。ゴルフだけではなく、年齢が高くても柔軟性はつくし、腹筋や背筋群の脊柱起立筋が弱ると姿勢維持にも関係してきます。


身体のケアや簡単にできる柔軟性や筋トレをお伝えしていこうと思います。

=================================

成Naru健康プロモーション 北 勝成

神戸市長田区久保町6-1-1 アスタくにづか4番館2階

TEL 078-647-7515 naru.kenkou76@gmail.com

=================================




☆この時の数字は、飛距離257ヤード、ボールスピード64m/s

ヘッドスピード43m/s、スピン量2467 打ち出し角8度(低い)





閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page