top of page
  • 執筆者の写真北 勝成

姿勢(猫背)と肩こり・腰痛・お腹たるみ

更新日:2023年9月10日

姿勢(猫背)の悪さで起こる「肩こり・腰痛・お腹のたるみ」の第一段階!

姿勢で猫背になると頭が前に出て、胸郭(胸の前)が広がりにくくなります。

その猫背の状態が長く続くと筋肉は凝り固まり、血流の流れも悪くなるばかりでは

なく「肩こり」「腰痛」「お腹のたるみ」の原因にもなります。

「肩こり」

①頭を支える首や肩の筋肉(胸鎖乳突筋や僧帽筋等)に負担がかかります。

②頭の重さは5~6キロで前に傾いた状態でいると肩こりの原因になります。

「腰痛」

頭部が前方に傾くと、人間はバランスをとるために腰(骨盤)は後ろに倒れて

後傾します。腰が張った状態になり、また筋肉の負担だけではなく、神経の通り道

を圧迫したり、骨がずれたりする原因にもなります。上半身の重さを均等に受ける

事もできにくくなります。

「お腹のたるみ」

猫背は骨盤が後傾しますので一般的に下腹がたるみます。猫背ではお腹の筋肉(腹筋群)

が動きにくくなります。筋肉は伸びた状態からは収縮しないと力を発揮できません。

筋肉は使わないとどんどん衰えてきます。腹筋はたるんだままで脂肪に負けてくると

いうことにもなりかねません。


次回は「肩こり・腰痛・お腹のたるみ」第二段階をお伝えします。




成Naru健康プロモーション ​ 代表 北 勝 成

神戸市長田区久保町6-1-1 アスタくにづか4番館2階

​TEL 078-647-7515 naru.kenkou76@gmail.com

呼吸筋ストレッチ体操認定指導士
健康マスター普及認定講師
NGF日本ゴルフ財団インストラクター

ユーチューブチャンネル

ライン公式アカウント

アメーバーブログ

ストアカZoom講座

神戸商工会議所ブログ

インスタグラム

閲覧数:19回0件のコメント

Comments


bottom of page