top of page
  • 執筆者の写真北 勝成

労作時呼吸困難の負の連鎖、フレイル予防

更新日:2023年9月10日

「労作時の呼吸困難の負の連鎖」労作時呼吸困難→身体活動の低下→筋肉の低下→更に労作時の呼吸困難の負の連鎖に結びつきます。労作時の呼吸困難を取り除く事が重要です。ここに『呼吸筋ストレッチ体操』を取り入れ、安静時の呼吸を整える事により運動時の呼吸を安定!平均寿命と健康寿命との差が大きく厚生労働省もそこへのアプローチが課題で、フレイル(加齢に伴って筋肉や心身の活力が低下した状態)の初期の段階で健康対策をすれば元に戻るとの事。2020年度からの後期高齢者医療制度の健康診査でフレイル状態のチェックが始まるそうです。毎日を元気に過ごすために、呼吸は大切です!

呼吸筋ストレッチ体操を様々所で普及していきたいと思います!呼吸筋ストレッチ体操はアメリカや中国、モンゴル等でも紹介されており、行われているそうです。今年から小学校の5年6年の教科書にも掲載されています。健康寿命を延ばす予防に、呼吸筋ストレッチ体操は役に立つ呼吸法です。



閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page