top of page
  • 執筆者の写真北 勝成

健康コラム 「唾液と健康」

更新日:2023年9月10日

健康コラム

「唾液と健康」お口の臭いが最近、気になるという方は唾液の分泌が減少しているかもわかりません。唾液の役割りは「口の中の細菌の増殖を抑える抗菌作用」、「歯から抜け出したカルシウムやリン酸を歯に戻して修復する再石灰作用」「口の中の食べかすを流す浄化作用」「口の中を中性に戻す緩衝作用」等様々な役割があります。唾液が少ないと消化酵素の働きが低下し消化しにくくなります。原因は様々ですが加齢により唾液腺の働きの低下や、ストレス等での自律神経が乱れで唾液量の減少、マスクで呼吸がしづらく口呼吸になり口の中が乾きやすくなりドライマウス状態に。唾液が健康に関わる要素は本当に大きいです。また姿勢も悪くなると、呼吸が浅くなり「口呼吸」を引き起こします。唾液の分泌を促すにはよく噛む事や水分をとる事、呼吸筋ストレッチで呼吸筋を和らげ、深くゆっくり行う(口呼吸ではなく鼻呼吸)。唾液腺マッサージやガムを噛む事もセルフでの予防になります。唾液の分泌が口の健康だけではなく。体の健康にも関係しますので是非、見直してみてください。

閲覧数:9回0件のコメント

Comentarios


bottom of page