top of page
  • 執筆者の写真北 勝成

体に良いあぶら、よくないあぶらとは!?

更新日:2023年9月10日

常温で固まる=脂 常温で固まらない=油 


『脂』=肉の脂身や皮、バター等動物性脂肪の多い食品

『油』=魚や大豆、植物油等植物性脂肪の多い食品

           ↓

これらの主成分は「脂質」で脂肪酸によって構成されています。


『脂』飽和脂肪酸が多く含まれます。

飽和脂肪酸には動脈硬化を招く作用があります。※ ただし飽和脂肪酸の摂取量を極端に制限すると脳出血のリスクが高まるおそれもあります。


『油』不飽和脂肪酸が多く含まれます。

不飽和脂肪酸が体によいあぶらでも、『脂質=高エネルギー』取り過ぎると肥満の要因になります。


これ以外のあぶらとしてマーガリンやショートニング等の取りすぎには注意が必要です。健康被害が注目されている「トランス脂肪酸」が多く含まれています。血液中のLDLコレステロール(悪玉)を増やし、心筋梗塞の危険を高めると言われています。


どんなあぶらも取り過ぎに注意をして適量をバランスよくとる事が大切。

あぶらについて少しでも知識があれば意識が変わると思います。


◉不飽和脂肪酸: 青背の魚・植物油 大豆製品等

◉飽和脂肪酸:  肉類・加工肉・乳製品等

◉トランス脂肪酸:菓子類・揚げ油・マーガリン等


みなさんと一緒に健康リテラシーを勉強していきましょう。


(講師のお問合せ)

健康講座(呼吸法、姿勢、ストレッチ)

ビジネス講座(発声、笑顔、ファーストインプレッション・ストレスケア)


成Naru健康プロモーション  北 勝成

資格)健康マスター(BASIC)、呼吸筋ストレッチ体操認定指導士、

   チェアヨガインストラクター、NGF日本ゴルフ財団インストラクター

神戸市長田区久保町6-1-1 アスタくにづか4番館2階

電話 078-647-7515  080-3037-7259

katusigekyogen731@gmail.com







閲覧数:28回0件のコメント

Kommentare


bottom of page