top of page
  • 執筆者の写真北 勝成

ストレス③「ストレス対策❶」

更新日:2023年9月10日

厚生労働省の調査(平成29年度)で職場において強いストレスがあると答えた人が58.3%

その内、対人関係(セクハラ、パワハラ含む)がストレス原因の人が30.6%。

※一般的にストレスを持つ人は心身の不調があり不健康な状態でモチベーションが低く、仕事の生産性も低い傾向にあります。また、対人関係は職場の問題だけではなく「私生活、家族、友人等」他者とのコミュニケーションも不可欠です。年齢や性別を問わず対人関係は悩みの原因になりやすいです。


一人ひとり性格が違い、価値観、立場、環境が違うのでコミュニケーションの方法に「必ずうまくいく」正解はないかもしれません。


ストレスを感じやすい場面はある程度、共通していることが多く、そのような場面を想定して対人関係をスムーズに行なえるであろうコミュニケーションのヒントを知っておくのは有効な手段だと思います。自分の考えだけではなく、自分の心がけ次第で対人関係のストレスが軽減でき、最小限に抑える事ができるかもわかりません。


「対人関係におけるストレスを軽減するヒント」

私もこのヒントを読んで成るほど、これは出来ると思う事があれば行うようにしています。


『想定1』相手と意見が対立するのが怖い・・・食い違いの意見はあって当然と考える。

人は多様な価値観があるため「何でもわかりあえる」という完璧な人間関係を期待しない。


『想定2』相手に自分の意図が伝わらない・・・間接的な表現はせず自分の意見を言葉にして伝えてみる。

例えば、奥様が疲れていて家事を手伝ってほしい時、「今日は疲れている」といって主人が読み取ってくれるであろうと期待するのではなくて「今日は疲れてしんどいから食器洗い(お風呂掃除)をお願いします」と直接的に言ってみる。


『想定3』苦手な人がいる・・・問題を相手の人間性のせいにしない。

人は誰でも苦手な人はいるもの。避けれるのであれば避けたいと思います。人の性格は簡単に変わるものではありません。対人関係がうまくいかないのは相手の人間性のせいにしてしまうと難しくなります。会社でしたら相手のマイナス面が変わる事を期待するのではなく、何か相手のプラス面に目を向けてみる











【健康講座 ビジネスパーソンの声作り、ストレスケア講座のお問合せ】

成Naru健康プロモーション  北 勝成

神戸市長田区久保町6-1-1 アスタくにづか4番館2階

電話 078-647-7515  080-3037-7259

katusigekyogen731@gmail.com

http://katusigekyogen731.wixsite.com/kokyukin

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page