top of page
  • 執筆者の写真北 勝成

ストレス「呼吸は浅くて速くなっている」

更新日:2023年9月10日

『ストレスで呼吸はどんどん浅くて、速くなっている』

◎コロナ禍において外出自粛でストレスがたまりやすくなっている。◎マスク生活でストレス呼吸になりやすい。◎IT化された現代社会では仕事では毎日忙しく交感神経優位になっている ◎スマホ等を夜遅くまで見ていたりスマホの見過ぎでストレートネックで猫背姿勢   


このような習慣で呼吸が浅くて速くなっている人は、※呼吸筋がうまく使われず胸や肩で息をしていたり、姿勢の乱れから呼吸筋が固く、柔軟性が失われている可能性があります。


呼吸筋が固くなったり、衰えたりすると呼吸が浅くて速いだけではなく、自律神経にも影響があったり、深い呼吸をしようとしても、うまくできなくなっていきます。


浅い呼吸では交感神経優位になりますので全身がこわばり、様々な体の部位に力がはいったりすると更に呼吸も浅くて速くなるという悪循環にもなりません。そのような状況が続くと副交感神経への切り替えのスイッチも入りにくくなったりします。


そこで『呼吸法』を理解して普段の生活に取り入れて、副交感神経優位になる呼吸法を身につける事で健康に大いに役立つと思います。


来月のZOOM健康セミナーでは『呼吸とは』『呼吸筋ストレッチ体操で固くなった呼吸筋を和らげる』『呼吸法で自律神経を整える』『呼吸法で姿勢を良くする』等々のお話や呼吸筋ストレッチ体操、腹式呼吸トレーニングを行います。


ZOOMセミナーのお問合せ、お申込みはこちらから。3人の講師の健康コラボセミナーです。 https://peraichi.com/landing_pages/view/y8pho




















(お問合せ)健康講座/ビジネス講座

成Naru健康プロモーション 北 勝成(呼吸筋ストレッチ体操認定指導士)

神戸市長田区久保町6-1-1 アスタくにづか4番館2階

電話 078-647-7515  080-3037-7259

       

閲覧数:18回0件のコメント

Comentários


bottom of page