top of page
  • 執筆者の写真北 勝成

アスリート、ビジネスマンのための緊張を解く呼吸法③

更新日:2023年9月10日

今まで、アスリートの方に緊張を解く呼吸法をした時にまず息を吐いてもらいますが、10秒以下しか息が吐けません。息がしっかり吐けないので吸うことができていません。普段から息がはけないので、緊張した場面では交感神経が優位になり、更に呼吸が浅く速くなり、脳が不安や緊張を感じ取り身体が固くなり呼吸が出来難くなります。まず、息がはきやすくするために喉や肩の力を抜いて息が吐けるよう、私の場合は喉をあけるトレーニングから始めます。下あごが落ちないよう手のひらで押さえて息を吐いてもらいます。その時に肩の力をぬいて吐く事も大切です。普段、喉が開いていない方がこのトレーニングをするとゴキゴキと口の中で音がします。また、喉を開ける事、肩の力を抜くことに意識が行くと吐いていることを忘れて結構、長く吐けます。次回は腹式呼吸の基本トレーニングを書いていきます。

「呼吸法で緊張を和らげる」トレーニング講習も行っています。お気軽にお問合せ下さい。お問合せは 成Naru健康プロモーション 北 勝成

神戸市長田区久保町6-1-1-202 アスタくにづか4番館2階 ☎ 078-647-7515FAX 078-647-3102

katusigekyogen731@gmail.com



閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page