top of page
  • 執筆者の写真北 勝成

なごや健康カレッジ(名城大学)で講師

更新日:2023年9月10日

講座全体テーマ「呼吸と姿勢を見直しポジティブになろう」。新型コロナの影響で家にこもり、運動不足で座りがちになった結果、猫背になり呼吸が浅くなった体を見直しそれとともにポジティブな思考について学ぶ講座です。


令和3年度 なごや健康カレッジ(名城大学)/【呼吸と姿勢を見直しポジティブになろう】 私の担当は第5回目の11月2日(火)タイトルは「ポジティブにいきる」呼吸・発声の講座をさせていただきます。呼吸のための筋肉を呼吸筋ストレッチ体操で和らげ、息をしっかり吐き、共鳴させ、舌や唇、顔の筋肉を使って明るく元気な声をだしましょう。呼吸、発声の筋肉も35歳くらいから老化してきますが、トレーニングをする事で何歳になっても呼吸、滑舌よく若々しく話す事ができ、また嚥下機能改善の効果もあります。マaスク生活が続いていますので呼吸がしずらく浅くて速い呼吸になり自律神経の乱れにもなります。意識的にまた、呼吸をコントロールすることにより健やかな生活を営む事ができるとおもいます。呼吸トレーニングでは姿勢も、姿勢維持の筋肉にアプローチしますので姿勢についても改善が見込めます。姿勢については、その場で正しい姿勢はこうですと説明しても、すぐにもとに戻るのが現状です。自分が正しい姿勢が気持ちが良いと思える事が大切です。いいかえれば姿勢が乱れると気持ちが悪いみたいな事です。顔の姿勢、身体の姿勢の事の取組もお話させていただく予定です。





閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page