top of page
  • 執筆者の写真北 勝成

『鬼滅の刃 全集中の呼吸』呼吸とは?

更新日:2023年9月10日

すごい人気に鬼滅の刃ですが、鬼と戦う「全集中呼吸」は「身体の隅々の細胞まで酸素が行き渡るよう長い呼吸を意識し、身体の自然治癒力を高め精神の安定化と活性化をもたらす」血の中に沢山の空気を取り込んで血がびっくりした時、骨と筋肉が慌てて熱くなって強くなる」。呼吸にはエネルギーを身体に与え続ける役割があります。【呼吸とエネルギー 呼吸の意味』・・呼吸とは◎生命にとって必要な酸素を体内に取り入れる事、◎肺の中に空気を出し入れする事。◎酸素を吸い込んで二酸化炭素を吐き出す事等。ではなぜ体に酸素が必要なのか? それは人間の体の約100兆以上もの細胞にエネルギーを与え続けるためです。生物のエネルギーの源は食べ物に含まれている栄養素が呼吸によって取り入れた酸素を結びつくこと(燃焼)によってエネルギーが生み出されます。

『呼吸数』 1分間に約15回 1日で約20,000回 80歳で約6億3000万回の呼吸をすることになります。普段の呼吸は自律神経の働きによって呼吸をしています。

【ストレスや老化、スマホ等の使い過ぎで姿勢が悪くなる等で浅くて速い呼吸になり、呼吸の質が悪いと全身の機能が低下してしまいます】【息を吐ききる力も衰えてきます】

呼吸筋を和らげ、吐く力をつける事は『健康寿命を延ばす』事でもあります。呼吸を意識してもらう事が最も大切で、その上で呼吸筋ストレッチ体操、呼吸トレーニングを行えば健康に効果があります。





閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page